LOG IN

京都下鴨神社のみたらし祭で夏を迎える

by 山根 翔

京都の下鴨神社では7月後半の梅雨があける頃から7月末まで「みたらし祭」というイベントが開催されます。下鴨神社の夏の風物詩として地元住民では有名なお祭りとなっています。

少々変わったお祭りとなっており、みたらし池という下鴨神社にある池を裸足になって歩いて進む「足つけ神事」を行い、無病息災を祈る内容となっています。他のお祭りでは見ることができない風景が広がります。その一コマを写真でお届けできればと。

祭名の「みたらし祭」にちなんでお茶屋や露天では「みたらし団子」が売られており、祭りの参加者にも大変人気です。

下鴨神社の楼門を抜けて、「みたらし池」へ。

多くの参拝者が「みたらし池」に裸足でロウソクを持ちながら歩き進み無病息災を祈られています。今年の「みたらし祭」はもう終わってしまいましたが気になる方は来年参加してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加


山根 翔
OTHER SNAPS